一重まぶたと二重まぶたは何がどう違うのか?種類は?
ここでは、そんな疑問について、アイプチマスターが回答を教えてあげよう。

一重まぶたと二重まぶたの構造上の違い

上まぶたの皮膚の中には、「瞼板(けんばん)」という細い板状の組織がある。
目を開けるときは、この瞼板から先に伸びている筋肉が瞼板を引き上げる。このとき、単純に開くのが一重まぶただ。

二重まぶたの場合、瞼板についている筋肉の一部が枝分かれしていて、瞼板の少し上のところで上まぶたの皮膚にくっついている。そのため、目を開けると瞼板の部分と一緒に、筋肉がくっついている皮膚も引き上げられてヒダができる。それによって二重ラインができるというわけなのだ。

奥二重の場合は、筋肉が皮膚にくっついている位置が眼球に近く、幅も狭くなる。そのため、二重のラインはあるものの、上まぶたにヒダが隠れてしまう。

一般的に、一重まぶたの場合、上まぶたが上がりきらずに瞳がまぶたで隠れてしまい、実際よりも目が小さく見られがちだ。そのため、「眠そう」「冷たそう」「怖そう」といったイメージを持たれることが多々ある(マスターもそうだった…)。
反対に二重の場合、目が大きく見え、まつげも上向きであることが多いため、明るい印象を与える。

二重まぶたの種類

奥二重
二重のラインはあるものの、幅が狭く、二重のラインが隠れてしまっている状態のこと。一重よりも目が丸く、大きく見えがちだ。

末広タイプ
目頭は一本のラインで、目じりに向かって二重の幅が広がっていくタイプの二重。日本人にもっとも多いタイプの二重であり、日本人にもっとも似合う二重と言われている。どんな人からも受け入れられるタイプで、ナチュラルな二重になりたい男性におすすめだ。

幅の狭い平行タイプ
目頭から外側まで、ラインが二本で、目の輪郭と平行して二重のラインが走っているタイプの二重。くっきりした二重にしたいけれど、外国人ほどでなくていいという人向きだな。

幅の広い平行タイプ
目の輪郭と二重のラインの幅が広いため、外国人のようなパッチリとした二重になる。つけまつ毛やアイラインが映えるので、女性に人気がある。