男のためのアイプチ講座第1弾!
ここでは、アイプチのメリットとデメリットについて、アイプチマスター(アイプチ使用歴6年)が解説しよう。

メリット編

  • 費用が安い!
  • 手軽に二重になれる!
  • 使い続けると、本物の二重まぶたに慣れる!

二重まぶたになりたいと思った時、美容整形手術がパッと頭に浮かぶ男性もいるのでは?
しかし、美容整形には多額の費用がかかり、高い手術だと30万近くかかるものも…。
さらには、「手術失敗」というリスクが伴う
失敗したら、元に戻すことはほぼ不可能か、何十万もかけて再手術しなければいけない場合もある。

そうしたリスクを冒さずに二重になれるのが「アイプチ」なのだ!
アイプチは、簡単に二重まぶたのシュミレーションができ、さらに、使い続けるうちに、二重のラインが出てきたり、アイプチなしでも二重がキープできるようになったりなど、幸せいっぱいなのだ!

デメリット編

  • 周囲の人間にアイプチがバレることも…
  • まぶたを傷つけてしまう…
  • 汗や水に弱い…

安くて手軽にできるアイプチですが、反面、デメリットもそれなりにある。
アイプチは、専用の接着液やテープでまぶたを固定するため、自然の二重よりも不自然な形になってしまうことが多々ある。
今は改良されて、下を向いたり、眠ってしまっても気づかれないアイプチがたくさんあるが、中には、まぶたを閉じるときに引きつったり、閉じにくかったりするものもあるのでバレる可能性がある。

また、まぶたの皮膚はやわらかく、とてもデリケート。そこへ接着液やテープを使い続けると、まぶたが腫れたり、肌荒れを起こしたり、まぶたを傷つける場合もある。
とくに、肌の弱い人は、長時間使い続けたり、アイプチを落とすときに力を入れすぎたりしないよう、注意が必要だ。

最後に、アイプチは「水」に弱いという検証データがある(アイプチマスター調べ)。
なので、汗いっぱいになって走り回ったり、プールで泳ぎ回るなど、言語道断なのである。
要は、夢を叶えたければ、それなりの我慢をしなければいけないということなのだ。

男のためのアイプチ講座第2弾へ≫