男のためのアイプチ講座第2弾!
ここでは、くれぐれもまぶたを傷つけないために、アイプチの正しい使い方を教えよう。
正しい使い方を学ぶということは、「効果を最大限に引き出す近道」でもあるからな。

使い方編

  1. まぶたの脂分や汚れをコットンやティッシュで拭き取る
    →脂分や汚れがあると、接着液やテープがきちんとつかないぞ。
  2. 二重にしたいラインを決める
    →専用のスティックなどで線をつけると、ラインが決まりやすくなるぞ。
  3. 接着液を塗る
    →接着液を塗る場所は、アイプチの種類によって異なる。二重にしたいラインのところだけに塗るものもあれば、まつ毛の生え際から二重にしたいライン全体まで塗るものもあるぞ。
  4. 液を乾かす
    →使用するアイプチによって異なるが、ほとんどの場合、接着液を塗ってすぐではなく、半乾きもしくは、完全に乾いてから形作るぞ
  5. 専用のスティック(プッシャー)で押し込む
    →付属のスティックで、二重にしたいラインを押し込む。力を入れすぎないように注意が必要だ。

使用する時の注意点編

まぶたに傷や腫れ、炎症などがある場合は、絶対使用しないように。

アイプチの使用によって、かゆみや赤みが出た場合は、すぐに使用を中止し、症状が悪化するようなら、皮膚科などで診てもらうように。

アイプチは、各製品ごとに成分は異なる。いくつかのアイプチを同時に使用すると、肌トラブルなどを起こす確立が高くなるから、併用は避けるように。

アイプチの種類によって異なるが、接着液をつけすぎると上手く二重ができない場合が多いから、接着液は薄く、細く塗るように。

いろいろ、注意点はあるが、一度コツをつかめば、短時間できれいな二重を作れるようになるぞ。
それまでは、ただ練習するのみだ!

男のためのアイプチ講座第3弾へ≫